アドバイザー

元または現国際機関職員であるアドバイザーの方々はフォーラムに参加したり、記事を投稿したりすることで参加者との情報交換やアドバイス提供に貢献します。また管理人小島晶子は、国際機関のリーダーシップ、マネジメント、人事政策と戦略、組織開発、人材育成に25年以上の経験を持つシニアの人材スペシャリストです。管理人のプロフィールははじめにのメニューをご覧ください。

 

akasaka

赤阪 清隆氏 (公益財団法人 フォーリン・プレスセンター理事長、元国連事務次長)

1948年大阪府生まれ。京都大学法学部、英国ケンブリッジ大学経済学部卒。1971 年に外務省に入省。入省後は国際機関での勤務が長く1988年GATT(WTO の 前身)事務局、1993年世界保健機関(WHO)事務局に勤務。1997年に外務省国際協力部参事官(のちに審議官)に任命され、地球温暖化防止のための 京都議定書の交渉にあたる。2000年に国連日本政府代表部大使を務める。2003年に経済協力開発機構(OECD)事務次長に就任。2007年4月から 2012年3月までは国連広報担当事務次長(広報局長)として、世界中の国連広報センターや既存のメディア、ソーシャルメディアなどを活用した国連の広報 強化に努めた。2012年8月より現職。近著に、「国際機関で見た「世界のエリート」の正体」(中公新書ラクレ)がある。

 takizawa

 滝澤三郎氏 (大学教授、難民問題研究者、元 国連難民高等弁務官駐日代表)

UNOG国連欧州本部, UNRWA 国連パレスチナ難民救済事業機関、UNIDO 国際連合工業開発機関, UNHCR 国連難民高等弁務官等で主に財務管理官として30年近くのキャリアがある。最期のポストはUNHCR駐日代表。
現在東洋英和女学院大学教授および国際基督教大学大学院非常勤講師 、世界と日本の難民問題の研究者として活躍中。

Murakami

村上  (岩手県陸前高田市参与、岩手大学学長特別補佐兼客員教授、元国連難民高等弁務官人事研修部長)

ドイチェバンク,ゴールドマン・サックスプライスウォーターハウスクーパースの管理職をえて、UNHCRの人事研修部長として2000年〜2005年までジュネーブで勤務。帰国後バンク・オブ・ニューヨーク・メロン人事部長を務め、2014年より岩手県陸前高田市参与、岩手大学学長特別補佐兼客員教授。また東日本大震災直後よりNPO法人AidTAKATAの代表として、陸前高田さいがいFM放送を開設運営し、陸前高田市公認キャラクター「たかたのゆめちゃん」の企画運営、陸前高田写真展、国際交流企画等の活動をしている。

DSCN0797

春具(はるえれ)氏 (化学兵器禁止機関秘密保護委員会委員,  元化学兵器禁止機関人事部長)

1978年〜2010年まで, ニューヨーク、ジュネーヴ、ハーグにて国際連合人事局人事官、国際連合安全保障理事会湾岸戦争賠償委員会法務官、化学兵器禁止機関訓練人材開発部長兼人事部長として執務。オランダ在住。著書に「大統領のゴルフ」NHK出版、「Chemical Weapons Convention」国際連合大学出版局, 「オランダ・ハーグより」Japan Mail Media 村上龍編集、がある。

 

アドバイザーは現または元国際機関職員で、以下の条件を満たす方にお願いしています。

  • 略歴を披露する
  • 定期的にフォーラムに参加し、メンバーからの質問やアドバイスの以来に応じられる
  • 年に最低一度、短い記事を投稿する

アドバイザーの募集は随時やっております。御希望の方は careerkokusai@gmail.com までお知らせください。