大文字小文字

英文応募書類を添削する際、大文字がよく気になる。大文字の多い文は読みにくいと言われるが同感だ。大文字乱用を避けるルールには例外も多く、母国語の人でも要注意。応募書類内の主な大文字小文字使いわけをあげてみた。

例えば学歴。履歴書の学位、大学名、地名は大文字。

University of Wales, UK, BA in Economics

だがカバーレター等の中では学位は小文字を使う。

I have a bachelor’s degree in economics

肩書きも、履歴書やレジュメは大文字であっても文章中は小文字。

  • Director of Marketing(履歴書)
  • Worked as a director of marketing (文中)

役職名使用は割と複雑で大きな機関だとマニュアルがある程。仕事のタイトルが名前の前であれば大文字、名前の後、役職名がコンマ等で区切られていると小文字、というのが原則だ。

  • Director of Marketing John Smith
  • Tony Tanaka, professor of physics

公的な要職タイトルは大文字使用が多い。

  • Mr. Pierre Fitzgibbon, Minister of Economy
  • António Guterres, the ninth Secretary-General of the United Nations
  • President of India

以下、一般的使用は小文字、特殊なタイトルや個人名との組み合わせだと大文字。

representative, consul, judge, mayor, ambassador

政府、大使館等の名詞は、組織を直接指している場合に大文字使用。

  • The Government of Japan
  • The Ministry of Education
  • Japan Embassy, Tunis
  • Police Department
  • The Permanent Mission of Japan

一般的な意味で使う場合は小文字となる。

  • The Japanese government
  • It is based on government policy
  • Japanese embassies throughout North Africa
  • This department has 10 employees
  • The research financed by three ministries
  • Members of permanent missions

このように区別は結構複雑であり、国や機関によってもスタイルが少しずつ違う。疑問のある場合は United Nations Editorial Manual Onlineなどマニュアルを参照するのも手だろう。

Leave a Reply