35歳以後の国際機関就職

平均寿命が延び、公務員の退職年齢も引き上げられている昨今、キャリアも多様化し転職者も増えている。JPOやYPP等の若手対象競争試験の年齢制限を過ぎてからの国際機関就職も考慮したい。35歳以降の国際機関への採用に、最近外務省も力を入れつつある。

2017年の国連アポイントメント数4330のうち、一番多い年齢層は30から34歳で延べ923人だが、35から39歳採用とは900人という微差。3番目は40から44歳グループで任命数696と、ミドルへの門戸が広いことがわかる。

35歳からの国際機関就職の道として考えられるのは、

個別空席広告に応募(外務省から幹部ポスト空席情報あり)

PKO等の特別ミッションのロスターに応募

国際機関の来日採用ミッションに応募

UNVに専門家として登録、特に邦人対象ポストの提示に注意

短期ポスト、コンサルタント、技術協力専門家等に登録、応募

政府、公共機関等からの派遣

世銀グループの邦人向けミッドキャリアポストに応募

広島平和構築人材育成センターのプライマリーコースに参加し、一年間UNV派遣者として国際機関でボランタリー活動をする(39歳まで)

などで、可能性は多様。

国際機関専門職ポストで一番空席広告の多いグレードはP3かP4なので、5 年以上スペシャリストとして経験を積んだ中間管理職者は理想的プロフィール。学位と職務経験が同一分野であり、関連分野でかつ、国連に類似した活動や環境での経験であれば有利だ。

国際機関でのインターン、ボランタリー、コンサルや短期採用、民間のシンクタンク、官公庁関係、多国籍企業、在外公館調査員、派遣員、JICA、海外青年協力隊、開発コンサル、NGO、NPO、国際法律事務所、銀行などでの経験は有効。広島平和構築人材育成センターの研修以外は、海外での職務経験がないと選考されるのは困難だ。

また国際機関とのパートナー業務や、国際会議運営委員会のメンバーとなった経験等は貴重。海外研修や会議参加, ボランタリー活動等で国際機関と接触する機会があれば進んで活用したいものだ。

Leave a Reply