キャリア国際機関サイト

最近「サイトにアクセスできません」というメールを何通かもらった。そういえばお問い合わせフォームも来なくなったと思っていたら、事情があった。サイトがハックされていたのだ。

キャリア国際機関に行こうとすると、トルコ、イズミールのエスコートサービスに繋がる。内容や写真は想像にお任せするが、キャリア国際機関とはほど遠いイメージ。

この時点で修復にこれほど時間がかかるとは思ってもみなかった。アメリカのウエブホストと契約しているが、一年180ドルのセキュリテイーサービスには自動クリーニングしか含まれていないとの旨。自動クリーニングではらちがあかないとわかった時はすでに一週間が経過。一年340ドル払えばすぐ手動クリーニングできると勧められるが、すでにドメインネーム、ウエブホステイング等で出費が多いのでパス。

やっと下請けセキュリテイーサービス会社に直接交渉し、タダで手動クリーニングしてもらいトルコのエスコート嬢たちとお別れした。この間すでに10日間、電子ビジネス会社であれば潰れていたかもしれないほどの遅さだ。

アメリカのプロバイダはサービスが充実しており、7日24時間対応だが、サポートの質にバラツキがある。何度も同じ説明を繰り返し、やっとわかってもらえるケースが多い。ただし愛想は最高。

ネットビジネスの知識のないまま、ウェブを立ち上げてやってきたがさすがに安全性の重要さが身にしみた。今後はもっと対策を強化するつもりである。

利用者にはご迷惑をおかけしたが、修復したのでまたキャリア国際機関のサービスを利用していただきたい。

Leave a Reply