UNRWA

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)はアラブ・イスラエル戦争で住居や生計を失ったパレスチナ人を救済するため1949年、暫定的に設立された。仮組織として任務の委託を3年ごとに延長しつつ、すでに75年。ヨルダン、シリア、レバノン、パレスチナ自治区に住む560万人を、医療・教育・人道政策などの分野で支援している。

パレスチナ難民支援を始めた当時から、財政難はUNRWAにつきまとった。だが、2010年頃から援助資金を減額する国や地域が増え始め、状況は切迫。支援活動の維持ばかりか、UNRWA職員約3万人への支払いに困ることも少なくないという。

難民の地位は子に引き継がれるため、数は増す一方でUNRWAの活動も増大した。2022年の資金は16億ドル(約2140億円)で大半は西側諸国からの寄付。日本はアメリカ、EU、ドイツ、スウエーデンに次ぐ大口の拠出国だ。

パレスチナ自治区ガザでイスラエル軍とイスラム組織ハマスの戦闘が始まってから、UNRWAの資金状態はさらに悪化。それに加え今年1月、UNRWA職員12人が昨年の奇襲に関与していたというイスラエルの告発があった。

UNRWAは直ちに職員を解雇し、イスラエルは告発の証拠をまだ国連に提出していないと反論。だがこの告発で、日米を含む15カ国以上が拠出金を一時停止し、ガザの人道危機への対処予算8億8千万ドル(約1300億円)の半分近くが不足することになった。

告発を受けて国連が調査に乗り出し、4月22日に独立調査報告書を発表。それによると、UNRWAの中立性に関しては、組織内に大きな機能不全はないとの結論がでた。だがこの結論は米国とイスラエルを納得させなかったようだ。

4月末で資金停止を解除したのは日本をはじめ、EU、 ドイツ、スウエーデン、カナダなど。アメリカ、イギリス、スイス等は以前解除を見合わせている。その間に難民状況は深刻化する一方で、UNRWAを解体できるような平和的環境にはまだ遠いようだ。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

録画面接

最近よく聞かれる録画面接、または事前録画インタビュー。採用プロセスの最終過程であるパネル面接とは違い、書類選考の後、候補者をさらにしぼるために使用されるもの。

書類選考のあと国際機関のほうから連絡が来て、一週間ほどの間に時間をきめてリンクを開け、すでにインプットされた質問へ答える。アプリがそれを録画し、採用側で面接ビデオを分析。

質問はすでに入力されていて文字で表示される。機関にもよるが、主に専門性を問うものが多い。面接相手はいず、解説もない上、制限時間がくれば切れるので、慣れないととても答えにくい。いったん始めるとやり直しはできず、集中が強いられる。

採用側にとっては広範囲に候補者を選び、的確に速やかなスクリーニングができるのが魅力。面接のタイミング調整も不要でコスト節減にも繋がる。

録画面接が増えてきた理由にAIの台頭がありそうだ。今まで国際機関では専門性や英語能力をテストするのに、エッセイやリポート作成などのライティングテストを使っていた。しかしAI使用のテスト解答が増える一方で効果的な判断方法がなく、カンニングされてもわからないという問題が発生。

AI使用の履歴書とエッセイでスクリーニングされた候補が、パネル面接で全く期待外れ、という例も出てくる。もっとスクリーニングを強化したい、という要望に答えるための策ではないだろうか。エッセイやパワポ作成プラス録画、という機関もある。

事前録画面接のビデオは外部の査定人が分析するのが理想だが、専門知識についての質問が面接に入っていれば、問題作成者が専門知識の判断をすることになる。この分析、判断自体も将来はAI任せとなるかもしれない。

事前録画インタビューは慣れないとだれでもつまずくもの。キャリア国際機関の準備支援サービスも利用してほしい。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

応募書類に多いエラー

日本人の書いた国際機関応募書類のレベルも年々上がってきている。AIの存在も一役買っていると思われる。応募書類添削の際よく見られるミスは以下のとうり。

空席との関連性の薄い記述や周知の事実の説明。英語自体は流暢でも、求められる空席とは合致しない業務や活動の情報は不要。すばらしい業績もポストの要求事項に合っていなければ、付加価値がない。

文法は正しいのだが、まわりくどくて仕事のイメージがつかめない例も多い。長くて委細にわたった経歴描写は、とくに気をつけたいもの。ざっと斜め読みしても何をしたかがすぐ理解できるように、簡潔かつ具体的に書く。

似たケースに日本語の直訳がある。日本語をそのまま翻訳しても文化的、構造的に違和感があり、ピンとこない履歴となってしまう。空席広告の描写スタイルに類似させて書くと、理解度は高まるだろう。

Duties とAchievementsが混合しているのも解りにくい。Dutiesには仕事内容をおおざっぱに書き、Achievementsはそれを詳しく説明、というパターンもよく見られる。Dutiesは毎日している仕事、Achievementsは部局や会社に影響するよう成果や業績、という違いを理解しておこう。区別の難しい時は無理して分けないほうが一貫性がある。

冠詞、前置詞の間違いは頻繁に見られるが、AIの出現もあり、これからはかなり改善されると期待できる。ただし、AIにも間違いはあるので注意。

ボキャブラリーのリピートはできれば避けたほうが、英語上級者とみられる。AIは書き換えが得意なので、利用して語彙を増やせる。違う語彙を使う場合は、全体の語数が増えないものを優先しよう。

Past experience, final result, unexpected surpriseといったような、不要な形容詞の使用にも気を付けたい。AIでも見おとすことがあるので、読み直しすることをお勧め。

以上の日本人が犯しやすいミスに気を付ければ、応募書類の質は確実に上がる。キャリア国際機関の添削サービスも利用してほしい。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

国際機関職員の給料

国連専門職職員の給与額は、世界中で最も高い給与水準の加盟国(米国)の公務員の給与よりも高くなければならないという、ノーブル・メイヤー原則に基づいている。

米政府公務員給与水準は民間に比べて低く、国際機関職員の給与もそれを反映。税金免除と厚生福祉費の充実でカバーできるが、物価の高いニューヨークやジュネーブでP2の給料だと苦しく感じるかもしれない。国際公務員の中で比較的裕福なのは、両方が幹部ポストのカップルか、幹部で子だくさんの人くらいだろうか。

給料に頼らずとも金持ちな職員にも時々お目にかかる。例えばITU(国際電気通信連合)時代の同僚。毎朝、ロールスでご出勤だったが、P5 の給料より株での収入の方が多いという。フィールドオフィスに行けば昇進できるのに、ずっとジュネーブの同じポストにいるのもかくやと思われる。財務専門家ではなくテレコムエンジニアなのが以外。

途上国出身のエリートには実家が裕福な人が多い。ニューヨーク国連で会った翻訳官のオフィスには、数日おきに生け花担当の人が来ていた。アパートやレストランのオーナーでもあるらしいが、留学中は、たった8000ドルのウエッジウッドのお茶セットが買えなかったほど貧しかったそう。

同じようなケースはジュネーブでもあり、某職員のオフィスは特別な家具や彫刻があり、国連欧州本部事務局長のオフィスも顔負けするほど。

バンコクのILOでは、ローカルの一般職職員に特権階級出身者が多い。秘書の誕生日ということで自宅に招待されたところ、地域事務所トップでもかなわないような豪邸で、手伝いが何人もいたという。

大部分の国際機関は国連共通システムで同じ給与、人事体系。給与レベルは公開されており、各職員の収入は公知。高いと認識されている国際公務員の手当だが、分野、勤務地によっては民間セクターに及ばない。何をキャリアのよりどころとするかを見極めてから、応募を考えるべきだろう。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

読みやすい応募書類

国際機関への応募や、筆記試験には明確でわかりやすい英文が求められる。主語動詞/修飾関係がはっきりしており簡潔な文は採用側が短時間で読め、空席との合致を評価できる。長く読みにくい履歴書やエッセイは、概括する能力を疑われる場合もある。

無駄に長く単語配置が効果的でないと、文法的に正しくても難解。複雑な英文でないとレベルが低いような印象があるからか、特にアカデミックな英文はわかりにくい。実際には、複雑なことを簡単に書く方が難しく、高い英語力を要する。

英語母国語の人が書いた英文が読みにくい例は多く、応募書類も文法のみ直しても分かりづらいままでは不利。簡潔明晰に自分の履歴や考えをアピールするためには、何が必要か。

まず文全体の情報配置を構築し、書き順マップ作成。主語を短くし、主語と動詞間の距離を詰めると読み手の理解度はアップする。次に無くても良い表現はカットし、語数、周りくどさを減らす。

具体的には、動詞を吟味しlyで終わる副詞 (例completely, successfully)を削る、clichéと呼ばれる決まり文句 (例last not least、in my humble opinion)や場つなぎ言葉、無駄な表現 (例just, that, really, in order to, several, various, certain)もなるだけカット。選べる場合は簡単な表現を優先(例utilize をuse, due to the fact that をbecause, conducted some researchを researched )など。

また否定表現より肯定表現、受動態より能動態を使った方が読みやすさ度は上がり、語数は減る。

アプリやAIも活用し、全体を書き終わったら読み直し、書き直す。AIの文は回りくどいものが多いので、気をつけよう。一旦書いたものは少し時間を置いてから読み返せば、冷静な判断がしやすいもの。その後、第3者に見てもらえれば理想的。 キャリア国際機関の添削サービスも利用してほしい。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

カフェテリアの懲りない面々

今回は国際電気通信連合(ITU)勤務中の体験。舞台は、職員なら一度はいくカフェテリアだ。各国際機関にはカフェテリアがあり、その機関や他の機関の職員に食事や飲み物を提供。ジュネーブでは一般に開放しているところも多い。

ITUは職員数1000人程度の小さい専門機関であり、2つあるカフェテリアもそれを反映しこじんまりしたもの。そこで出会う職員や従業員は皆顔馴染みだ。

そのせいで、長年いたコックが突然辞めた時は目立った。職員に毎日違うメニューを、リーズナブルな値段で提供するのは大変だ。陽気で忍耐力があるコックだったが、週末に宝くじで大金をあて月曜日から突如欠勤。週刊誌でも大きく取り上げられたほど多額だったらしい。

それと前後して、やはりカフェテリアから消えた従業員がいた。こちらは、毎日、コーヒーや紅茶をカウンターから手渡してくれていた女性。当然話題になったが、驚きのエピソードがあった。この女性は自分の尿を飲むという健康法を実行していて、その効果をスイスのテレビのインタビューで説明したそうなのだ。

視聴者にとっては興味深い話だったろうが、その番組が放映されてから、女性従業員は解雇された。衛生上、カフェテリアには相応しくない慣習とみなされた模様。以上の2人はITUと契約して、職員用カフェテリアを管理している下請け会社の社員であり、国際機関の職員ではない。

だがこの人達に劣らないユニークな職員もいた。毎日朝のコーヒーに華麗な姿を現す、ファッションモデルのような男性職員。ラテン系の情熱的なルックスで背は高く、毎日おしゃれな服を召し、高そうな靴を履いている。人気があるらしく、コーヒーのお相手をする女性には事欠かない。

外装にお金をかける職員はよくいる。だが、地下にある印刷部の同僚たちはラフな恰好で働いており、彼のスタイルとは天と地。お近ずきの光栄に預からないうちに、その男性職員はある日、カフェテリアいやITUから姿を消した。

なんでも借金がかさんで払えなくなったから、という噂は耳にしたが、本当かどうかは不明。衣装に金を使いすぎたのかとも想像するが、国際公務員、とくに男性でそこまでする人も珍しい。今頃どんなカフェテリアでお茶を飲んでいるのだろうか。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

国際機関に適した履歴

国際機関の空席広告に応募する場合、要求された学歴、経験、資格などを全部クリアしているのは最低条件。競争相手に差をつけられるのは 以下の付加価値だ。開発、人道支援関係はもちろん、大抵のポストに通用する。これらの要素が多いほど、 国際機関では重宝される。

フィールド事務所の経験、特に緊急事態地域での経験は本部のポストに応募する際も貴重。アフガニスタンやスーダンのような、困難な環境での仕事は特に評価される。国連採用者の約半数は緊急事態状況での勤務経験があると言われる

フィールド活動中心の機関は、可動性のある 経歴を重視。空席の活動区域、地方、国などで働いた経験があり、それが最近であるほど 採用後すぐに実務可能とみなされ有利となる。

同類のテーマ(例、教育、環境、労働)担当機関で働いていればプラス。例えばUNHCRに応募するとき難民関連のNGOや公共機関経験がある場合だ。内部職員や、類似活動機関の職員は面接まで行ける可能性も高い。UNHCR からIOM, UNCTAD とWTOなどが良い例。この時同じグレードまたは一つ下のグレードだったり、ロスターに入っていたりしていれば、さらに有望だ。

国際機関の業務語は英語とフランス語だが、その他の公用語( アラブ、スペイン、ロシア、中国語)の一つでもできれば有利。特に開発系ではアラブ語や、公用語ではないが、ポルトガル語ができると重宝される。ジュニアレベルでは 、採用者の約80パーセント が2種類以上の公用語に通じているという統計が出ている。日本人には難しい条件だが、言語の重要性にももっと目を向けたいもの。

これらが、国際機関で重宝されるプロフィール。このうちのいくつかあれば、応募書類を作る段階から 充分にアピールしたいものだ。

管理職に応募するのであれば、他の国際機関ですでにリーダーとして活躍した経験は評価される。その機関が大手で、地域事務所も多ければ申し分ない。

ほぼ応募者数全員が修士である昨今、博士号を持っていれば差がつけられる。もちろん仕事に関連する分野。博士号の応募者は国連では全体の約9パーセントだそうだが、OECDのようなリサーチ、政策分析中心の職務だと、YPP(若者向けの採用プログラム )選抜者の半数がPhD保持者と報告されている。

これらが、国際機関で重宝されるプロフィール。このうちのいくつかあれば、応募書類を作る段階から 充分にアピールしたいものだ。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

2024 年度 JPO 試験

JPO 試験募集要項は人事センターで公表中。今年は去年より応募期間が少し短縮され、締め切りは日本時間3 月 4 日(月)23:59。

締め切りだけではなく、第一審査、第二審査の結果発表も2023年より早めで、それぞれ4月中下旬、6月中旬である。

今年の募集要項にはUNDPへの応募資格説明と、 TOEFLテスト、IELTSの結果に関する虚偽の申告は失格とし、以後JPO 受験申込みを受け付けない旨が追加された。

また第一志望のポストのTORの提出や、志望先として、国際機関5つまで記載可等、新要素が加わった。志望ポストは外務省の定めた危険レベル 3 又はレベル 4 でないことを確認した上で申込む。

国際機関枠(UNDP、WFP、OECD、 OPCW、ICAO、WOAH(旧 OIE)、GCF)を選ぶか、外務省枠で行くかは希望ポスト、機関によるだろう。国際機関枠だと外務省と希望機関と2度面接する必要がなく希望機関との面接だけで決定される上、課題提出がない場合もあるという。

一見国際機関枠の方が簡単そうに思えるが、希望機関との面接を通過しなければそれ限り。外務省枠だと第一希望でない機関やポストに推奨される可能性がある。

キャリア国際機関では、応募書類添削、ライティング課題や面接準備の支援と共に、対象ポストの選び方やキャリアのアドバイスもしているので利用してほしい。JPO支援サービスは、このサイトのリソースセンターに表示中である。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

民間企業の経験が歓迎される職種

国際機関採用には、専門分野での学歴と職務経験が評価される。職歴に関しては国際機関に近い 職場環境 、例えば、官公庁関係、在外公館 、JICA、 NGO 等 での勤務が有利。民間企業での経験はどうか。

職種によっては、民間企業出身者は内部職員や公共機関の応募者より評価が高い。進化が早く知識や技術投資コストのかかる分野では、民間企業のノウハウの方が国際機関より進んでいるため。例えばIT関係だと 最先端の知識、技術をもっている外部の者が優先される。国連時代、同僚のIT担当者 にはGやM出身がよくいたもの。

投資バンキング、会計監査、エンジニア といった職種も外部調達が多い。とくに世界的に著名な企業や大手コンサルでの経験 は歓迎される 。また医師や妊産婦、健康管理専門家は供給不足と言われており、とりわけ短期緊急ポストでは採用チャンスが高い。

人事、物資調達やロジ、財務、法律、コミュニケーション等にも民間企業の経験は有効。シンクタンク、多国籍企業、開発コンサル、国際法律事務所、外資系銀行などの経験を活かし、市場調査やビジネスプラン、イノベーション等に貢献できる。ただし、これらはITや医療関係と違い民間経験オンリーだと競争力は弱い。

国際機関空席公募やJPO試験に備えるには、民間企業経歴 プラス 国際機関との接点が欲しいもの。インターン、ボランタリー、短期採用やコンサル、技術協力専門家、あるいはパートナーシップや会議、タスクフォース、ネットワーク に参加、といった 活動を早いうちからキャリア計画に入れるべきだろう。 

応募やキャリアについてのアドバイス希望者はこのサイトのコンタクトフォームを利用していただきたい。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail

応募書類とAI

前回も触れたが、履歴書やカバーレター作成にAIを利用する応募者が増えた。応募書類準備に費やす労力や時間を減らせ、ある程度のレベルの書類ができるところが魅力。

だがAIも万能ではない。日本語の職歴やタイトルを入力して英訳させると、文法的には正しいのだが業務内容のよくわからない文がでてくる。日本語と英語の職務記述には文化的な違いがあるので、ただ翻訳しただけでは不十分。採用者が職務内容をすぐ把握できるよう、英文を調整する必要がある。

AIといえど、英文法がまちがっていることもあるので気をつけよう。ただし自分で書くよりはまし、と割り切ってしまう手もある。

またAIには独特のまだるっこしい不自然な言い回しがよくあるので、自然で簡潔な英語になるよう修正する。

以上を鑑みると、AIによる自動生成はあくまで下書きと認識し、最終チェックは人がする、という形が理想的だろう。

AI使用の応募書類作成で気になる点は、実際の英語力は上がらない、というところ。むしろ自動的に作成することで、能力が落ちていく可能性もある。

応募書類は完璧でもテストや面接、そして採用後の勤務で英語ライティングの実力が問われた時が心配だ。今後国際機関で活躍していきたかったら、どこかの時点で英語を書く練習をしておくべき。

AIが作成した書類のおかげでスクリーンされる可能性は、以前の応募書類より高くなるかも。ただし、応募者全員がAIを利用し書類の質が均一化すれば、より差別化を図るための工夫が求められるだろう。

Facebooktwitterlinkedininstagramflickrfoursquaremail